命令文+”or”

著者:mutsumiito

命令文+”or”

こんにちは、C2クラスのMutsumiです。

今週はテキストの課題からは逸れるのですが、命令文+”or”で、「〜しなさい。さもないと〜」という構文にスポットを当てます。

Don’t admire anything material too much or your host will feel obliged to give it to you.
あまり物を褒め過ぎてはいけません。さもないと、ホストはあなたにそれを上げないといけないと感じるでしょう。

英文はサウジアラビアのビジネスマナーを述べています。例えば、サウジアラビア人の家に招待された時に「素敵な絵画ですね〜」「綺麗なグラスですね〜」「クールな時計ですね!」など家にある物を褒めると、家人はそれらを差し上げなければいけない気持ちになるそうです。逆に、心底欲しいなと思った物は誉めちぎれば良いのかもしれませんね!

構文に戻ると、接続詞 “or” は「または」の用法以外に、ifの仮定に近い使い方をします。多くは命令文を伴いネガティブな仮定を伝えます。

Hurry up or we will be late.
急がないと遅れる。

C2クラスの人は「May 2019 Week2 – 2. International Business Manners」で詳しく復習してみてくださいね。

著者について

mutsumiito administrator

コメントを残す